姫路遺産相続遺言書相談アドバイザーからのご挨拶

相続や遺言で当サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。
運営を担当している、行政書士の橋 正人と申します。

相続手続きやご自身の遺言書作成などに関する手続きは、そう何度も経験することはあまりありませんので、相続や遺言についての法律知識に詳しくないという人も多いようです。
特に相続については、相続税が発生しない場合は、いつまでに手続きをしなければならないといったことが法律に規定がないため、おじいちゃんの代からそのままということも珍しくありません。
遺産相続遺言書相談アドバイザー姫路では、相談者様の家族以上の細やかさで、手続きのお手伝いをさせていただきます。
また、様々なご相談にお応えできるよう、不在者の財産管理人を引き受けさせていただいたり、判断能力に劣る方の場合はNPO法人による法定後見など広くお手伝いすることができます。
まずは、安心・納得の相続や遺言の初回無料相談(要予約)にお越しくださるか、初回無料メール相談をご利用ください。

相続や遺言の無料相談の予約やメール相談はここから

相続手続きや遺言書の作成について、疑問がいろいろありますが些細なこともお答えしております

  相続の手続きをどうやればいいのかわからない。

  先妻の子供など誰が相続人かが全然わからない。

  兄弟姉妹が遠方に住んでいて連絡も疎遠となっている。

  どのように遺産分割の協議をするのかわからないので立ち会ってほしい。

  将来スムーズに相続させたいので公正証書遺言を作りたい。

  遺言書を作りたいのですが、安くできないものか。

  仕事が忙しくて戸籍を集めることもできないので助けてほしい。

  相続人の中に行方が分からない人がいるけどどうすればいいのか。

  自書したような遺言書が出てきたけど、どのように扱ったらいいのかわからない。

  相続人である親の判断能力がほとんどないけど、相続手続きは進めることができるのか。

  相続といえば相続税はどうなるのか。

  土地建物の名義変更はどうするのか。

  専門家に依頼する相続手続きの費用が知りたい。

  etc


様々な疑問が出てきますが、その内どうにかなるさと思っていても、特に相続税がかかるような財産の人は、相続発生後10か月以内に相続税の申告をする必要があり速やかに相続手続きを行う必要があります。
現在相続税を納めるような相続の件数は全国で4%程度ですので、相続税なんか関係ないと思っていても、今度の税制改正後は基礎控除額が大幅に減って納税しなくてはならない相続が大幅に増えそうです。

無料相談の予約や無料メール相談はここから


相続や遺言書の相談は土曜日や日曜日も対応可能です

会社員や公務員など平日に時間が取れない人をはじめ、自営業者もなかなか時間が取れないといった場合にも対応するため、依頼があれば土曜日や日曜日にもご相談を承っております。
また、依頼があれば当事務所が出張相談にも応じております(交通費だけはご負担いただきます)。

姫路市を中心としてサポートしていますが、東京などの相続手続きの実績もありますので、お気軽にご相談ください。

近隣市町: 姫路市、福崎町、市川町、神河町、加古川市、加西市、高砂市、たつの市、明石市、神戸市、宍粟市、太子町、相生市、赤穂市、 上郡、佐用町、多可町、稲美町、播磨町

無料相談の予約や無料メール相談はここから

姫路遺産相続遺言書相談アドバイザーはワンストップサービスです

通常の相続手続きは相続人を確定させて、遺産分割協議書を取りまとめて、各種名義変更とか預貯金の処理などをしますが、名義変更のうち不動産は司法書士が行うことになり、相続税が発生する場合は税理士がその申告代理を務めるなど各種の専門家がすることも発生しますので、当事務所では必要な専門家をご紹介して依頼者様の手を煩わせることなくしております。
ただし、法律により本人確認の必要がありますので、専門家と面談をしていただくことがあります。

無料相談の予約や無料メール相談はここから

今日の出来事・記念日 10月1日(土)
法の日
最高裁判所、検察庁、日本弁護士連合会(日弁連)の進言により法務省が1960(昭和35)年に制定。1928(昭和3)年、陪審法が施行された。
日本酒の日
全国酒造組合中央会が1978(昭和53)年に、若者の日本酒離れを食い止める為に制定
今日は何の日~毎日が記念日~http://www.nnh.to/を参考にしています。

ご注意 当サイトのコンテンツは最新の法律や情報を基に作成しておりますが、その内容を保証するものでは有りません。このサイトの情報を利用して不利益を被った場合でも当事務所は一切責任を負いません。

このページの先頭へ